最後の晩餐にはまだ早い


西新井「香府山」

 足立区内の西新井大師近くに秀逸な中国料理店があるとの噂は、足立区特集のムック本やWEB情報で知っていた。何でも元々此の地で40年続いた街場の中華料理店を、銀座の有名中華店で修行した二代目がリニューアルし、本格的な中国料理を出す店として、2014年に店名も変え再スタートしたとの事だ。
 以前から行ってみたいと思っていたが、調べてみるとアクセスがよくない、一番近い駅は東武スカイツリーラインの「大師前」駅だが、そこからでも10分は歩く、我家から自転車だと30分以上はかかりそうなので、寒い日が続いていた事もあり見送っていた。
 この日、1月ながら春を思わせる暖かな陽気で自転車の大敵である強風もない、「よし、今日こそ行ってみよう」と店へ向かう事にした。

     170208-1.jpg
 亀有方面から自転車で行く時は環七を西に向かい、4号線(日光街道)を過ぎ、西新井大師前の交差点を右折し、4つ目の信号を左折してすぐ、角に「十勝甘納豆本舗西新井大師店」の立派な建物があるので目印になる。
 店の名前は「香府山」で「シャン・フ・ザン」と読む、WEB情報では二代目が修行した2店から一字ずつ取ったとある、一つは「過門香」だが「府」はどの店だろう?
 外観は改装後2年なので新しい、「中華麺DINING」との表記があり、ランチタイムは麺が中心になるが、夜はコース料理も提供しているみたいだ。

        170208-2.jpg
 11時半の開店直後に入店する、ドアを開けると店主の奥様だろうか女性が案内してくれて、カウンター席に座らせてもらう。

        170208-3.jpg
 ランチタイムの麺、飯、点心類のメニュー、結構種類豊富だが、この他にも点心2種とプチデザートが付くお得なサービスランチが5種類あり、その中から一番先に目に入った「担々麺」(税込1,000円)をお願いする事にした、これ食べれば店の実力は大体判る筈(笑)。

     170208-4.jpg
 目の前には厨房、店主はまだ若い40歳前ではないか?客から見えるオープンキッチンは整理整頓掃除が必須だが、問題なく行き届いている。平日の正午前ながら次々と客が入店して来た、見た感じでは地元客だと思う。

     170208-5.jpg
 卓上の味変アイテム、醤油以外は自家製の薬膳酢、特製ラー油、オリジナル辣粉と説明があった。

     170208-6.jpg
・担々麺(中国語では「々」は使わないが、店表記どおりに)サービスランチセット。

        170208-7.jpg
・麺のアップ

        170208-8.jpg
・点心(小籠包、焼売)、これにライスがサービスされる。

        170208-9.jpg
・杏仁豆腐

 まずはいつもどおりにスープを一口、いきなり辛さを感じるのではなく、香辛料が混ざった香りの後に奥深い辛さ、最後に胡麻の甘味がやって来る、ベースのスープもしっかりしていて味が立体的、これは「おぬし出来るな」と云う味だ(笑)。続いて麺だが中細で縮れは殆ど無い、モチモチとした食感でいい小麦を使っているのは判った、上に乗せた挽肉も上質だ。他店の担担麺では唐辛子の辛さと胡麻の甘味しか感じない物に出会う事もあるが、これは一つの丼の中に複雑な滋味が重なって感じられ、最後まで飽きないで食べられる。
 小籠包&焼売も自家製だろう何より皮が違う、足立区内では北千住の「鶴亀飯店」に同種のランチセットがあるが、麺自体は別にしても、点心類はこちらに分がありそう。
 こうした店ではオマケ的に付いている杏仁豆腐だが、これも自家製だと思った、キチンと作っていて美味、甘味好きにはポイント高くなる(笑)。

 ネット上の噂はあてにならない時もあるが、この店に関しては評判以上の実力を感じさせる満足度の高いランチだった、隣席の女性が食べていた「五目あんかけ麺」も旨そうだったし、これは近い内に再訪したい店だと思った。夜のコース料理も体験したいが、電車だと大回りして行く事になるし、自転車は飲酒運転ご法度だ(笑)、当面はランチタイム訪問になるが、次何を食べるか考えるのも今から楽しみ、久々にいい中華を見つけた(笑)。

     170208-10.jpg
 気分が良くなったので、帰りはすぐ近くにある「十勝甘納豆本舗西新井大師店」に入って甘納豆を見ていたら、作務衣を着た渋味あるオバサマが「こちらお得ですよ」と、賞味期限が迫り半額になった物を勧めるので買ってしまった(笑)、これも美味でした。
 地元には自分が知らない「いい店」がまだありそうだ、自転車での美味巡礼はこれからも続く(笑)。


  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

南青山「MAMA」(2017年1月)

 昨年5月のランチ訪問時に「また来ます」と云ったまま半年以上経っていた、南青山のレストラン「MAMA」、やっと3回目の訪問が出来た。サラリーマンリアイア後は遠出が億劫になって、上野や秋葉原以西はあまり行かなくなり、表参道は大阪へ行く位に遠く感じてしまう(笑)。
 高級フレンチ出身のオーナーと料理長のコンビにより、上質なワイン類の提供と箸で食べる「フランス料理の哲学、技術に基づき丁寧に仕上げられた料理」を掲げ、2015年5月に開業した「MAMA」だが、店へのアクセスは正直よくない、表参道、渋谷、六本木どの駅からでも15分は歩く、よくこの場所を選んだと思うが、繁華街の喧騒から離れた静かな場所で営業したいと云う、店側2人の意向によるものだろう。

        170204-1.jpg
 寒かったこの日、店への到着は12時少し過ぎ、去年からランチ営業を始めた事もあり、店が周辺地域に馴染んで来た様にも見える。
 一応予約して行ったのだが、12時過ぎの入店時にはカウンター席に先客が1人、テーブル席にも2人、その後続々と来店し3つあるテーブルは埋まり2回転する席もあった、周りに飲食店が殆ど見当たらない事もあるが、ランチ処として認識されて来たみたいだ。

     170204-2.jpg
 平垣内オーナーに挨拶し、彼の労作手書きメニューを拝見する、前回は「イベリコ豚の天使の羽根定食」から「とんかつ」をお願いしたが、今回は「カツカレー」にしようと決めていた、ただ「週替定食」(1,200円)の「そぼろ丼」にも惹かれ、これも食べたかったが(笑)。
 当日の料理は以下のとおり、このランチを注文しているのは私だけだが、おそらく標準仕様より品数が増えている筈だ(笑)。

        170204-3.jpg
・人参のピュレとラペ、胡桃

     170204-4.jpg
・イベリコ豚の豚汁

        170204-5.jpg
・フォアグラとイチジク

        170204-6.jpg
・Puy Redon Chardonnay 2015
 平垣内セレクション、仏南西部ベルジュラック産で、この地域には珍しいシャルドネ種を使用、AOC認定ではないが、ブルゴーニュの高級白を思わせる味と香り。グラスはリーデルの高級品「ブラック・タイ」。

     170204-7.jpg
・左の近藤悠三作と聞く鉢中にはシーザーサラダの下にラタトゥイユ
 中の河村喜太郎作ぐい呑み中は、下から紫キャベツの酢漬け、蛸のマリネ、コリアンダー風味の棒々鶏、冬野菜のエチュベ
 右の永楽善五郎作の皿には鮪とビーツのユッケ風

     170204-8.jpg
・イベリコ豚のカツカレー

        170204-9.jpg
・一応皿に載せて、一般的な「カツカレー」にしてみた(笑)。皿はローゼンタール。

     170204-10.jpg
・大納言あずき、ココナッツのアイスクリームに焙じ茶

 まずはアミューズとして出た人参の甘さと旨味に驚く、特別な人参ではなく甘味を出す加熱調理によるものとの事だが、雲丹等入れず人参そのものの味にしたのは賛成。前回もイベリコ豚汁は美味だったが、今回は「寒いので、スープ的に出します」と先に出た、地味な根菜達がイベリコ脂を纏って美女に変身している、漆椀もいいし家庭では出せない味だ。フォグラも小品ながら美味で、アルコールに弱い私でもワインが飲みたくなる。
 「サラダ」&「小鉢」の次の品々は、どう見ても通常バージョンではない(笑)、夜のメニューから出してくれたみたいだが、手をかけた品が上手の器に盛られている、ワインを飲む事を想定して酸味は抑え気味。
 そしてカツカレー、カツはイベリコ豚の「天使の羽根」と呼ばれる肩甲骨の肉を使用、一頭から約500g位しか取れない希少部位。カツは前回同様濃い旨味がストレートに来る、添えられた鹿児島産「デコーソース」も合っていた。市村料理長はカレー大好きだそうだが、夜にもカレーを出しているので、ワインの余韻を消さない様スパイスは控え目、ルーから「フォン・ド・ヴォー」を仕込む要領で作っているとの事。「カツカレー」と聞くと学食やカレーチェーンで食べる物を連想してしまうが、あれとは全くの別物でレベルが違う(笑)、福神漬も自家製。
 小豆炊きの達人から学んだという大納言餡とココナッツアイスも良かった、お茶も美味。

        170204-11.jpg
 ある意味、高級レストランで1万円のランチを食べる以上に贅沢な時間に感じた、作る人1人、提供する人1人、ミニマムな体制での客1人のための料理、「これを食べて欲しい」とのメッセージが直に伝わって来る、インテリアや器等のセレクションもいい。
 店の本領発揮は夜の部だと思うが、ランチでもその片鱗が伺え本気度が伝わる、テーブル席の女子達の会話が聞こえたが、「素敵な店、すごく美味しい、今度夜にも来たい」の三題で、そう思ってくれるならランチ営業する面倒も報われる。
 近隣のオフィスや家庭へ向け、少数だが弁当宅配もやっていて結構需要があるとの事、「注文先まで運ぶの?」と訊いたら、今は弁当専門のバイク配送業者が存在し、依頼すればGPS探知によりすぐ来てくれ、支払いはネット決済で行うそうだ、凄い時代になった(笑)。

 いい空間といい料理で、つい長居してしまうが、市村料理長と平垣内オーナー、お気遣い感謝です。ランチばかりで迷惑でしょうが、次回は「イベリコステーキ」その次は「謎のイベリコ豚料理」を食べに来ます(笑)。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

北千住「ふらんすや」

 北千住シリーズはまだまだ続きます(笑)。
 今回は千住を紹介する地域ムック本等に載る事の多い、ベーカリーの「ふらんすや」。WEB情報では元々此の地にあったパン屋を、以前に働いていた現店主が譲り受け、2006年にリニューアルオープンしたとある。 
 場所はJR北千住駅を出て国道4号(旧日光街道)へ向かい、2番目の信号を右折すると「宿場町通り」と云う北千住で一番有名な通りがあり、これを進むとブログで紹介した「天麩羅いもや」やハンバーガーの「サニーダイナー」本店が並ぶ道と繋がる通りがあって、その途中になる。「やなか珈琲店」や「透明マニラ」と云う、不思議な名前の女性服製造店の近く。これもWEB情報からだが「サニーダイナー」で使われているのは、「ふらんすや」製のバンズだそうだ。
 千住は江戸時代に江戸から日光詣でへ向かう際の最初の宿場になり、この近辺に旅籠屋が幾つもあった、当時の面影は殆ど残っていないが、最近観光地図?を持った人も歩いているので、歴史ブームの中で見直されているみたいだ。

        170131-1.jpg
 店構えは典型的な下町商店で間口が広い一階店舗、自転車で来る客が多いのも下町的だ、店内外の雰囲気は最近のスタイリッシュ系ブランジェリーとは相当違う(笑)。
 自動ドアを入ると右側の壁沿い棚とテーブル平置きのスペースにパンが並ぶ、左側がレジでその奥が製造スペースになっている。
 初訪問時に買ったのは以下のベーシックなパン3種、なお金額はレシートが無かったので支払い額から推測したもの、実際には少し違っている可能性あるので参考と思ってください。

        170131-2.jpg
・バゲット(税込189円)
 「ふらんすや」だから、まずはバゲットだろうと買う(笑)、一番目に付く場所にあったので店も自信あるのだと思った、まず値段が安いのに驚く、味は余計な物が混ざらず素朴な食感、粘らず乾いた焼き上がりで少しパサっとした食感なのが、好みが別れる処かも知れない。

     170131-3.jpg
・玄米食パン一斤(240円)
 これも「一斤」の割には量が多くて安い、味も個人的に気に入った、粉の旨味と噛み応えを感じる、この店へ来てこれあったら、買うべきアイテムだと思った。

     170131-4.jpg
・カスタード(120円)
 この値段は嬉しくなる位に安い(笑)、カスタードクリームもちゃんと作っているし、コンビニパンとは雲泥の差で美味しい。

 初回購入で素直な味傾向と値段の安さで気に入り、次回に買ったのが以下の3種類、
        170131-5.jpg
・コロッケバーガー(210円)
 コロッケ「パン」ではなく「バーガー」なのが、この店のこだわりか?しっとり柔らか目のバンズではなく、バゲットに共通した少し乾き目生地で自家製と思われるコロッケを挟み、白ゴマをトッピングしている。生地食感のせいか結構食べ応えがある、コロッケも美味しい。

        170131-6.jpg
・ハム&チーズ入クロワッサン(160円)
 フランス人が見たらビックリしそうなクロワッサンだが(笑)、生地があまり油脂分を感じないので、ハムとチーズが入った事によりバランス取れている、上品ではないが良質。

     170131-7.jpg
・栗渋皮入りモンブラン(200円)
 移動中に上部が崩れて見苦しい画像になってしまった、実際はもっと美味しそうに見える(笑)。これ美味しかった、値段の割にはモンブランクリームがしっかり作ってあり、外の生地とのバランスも良好、街場パティスリーの「モンブラン」の値段を考えれば凄く安いと思う、これも店にあったら買うべきパン。

 全体の印象は、とにかく下町値段なのが特筆すべき(笑)、安いからと云って味に手抜きは感じない、惣菜パンや菓子パンも丁寧に作っている、失礼ながら店舗にお金かけていないし、人もそう雇わず小規模経営だからこれでやっていけるのだろう。
 「下町の良心」を感じさせてくれる、「ベーカリー」と呼ぶより「パン屋さん」と呼びたい良店、間違っても都心進出など考えずに、此の地でこれからも続いて欲しいものだ(笑)。


  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

表参道「グラッシェル」(2017年1月)

 1月19・20日に、表参道のアントルメグラッセ&生グラスの専門店「グラッシェル」で開催された、バレンタイン・ホワイトデー向け新商品の発表会、ブロガーとして招待をいただいたので、そのレポートをしたいと思う。

     170127-1.jpg
 訪れたのは夕方で、夕闇に浮ぶ店はグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」中の、「お菓子の家」現代版とも見える、童話中では魔女が住んで居るが、21世紀の店で働いているのは魔女とは遠い、若くて素敵なスタッフばかりです(笑)。
 前回の発表会と同じく2階のカフェスペースに案内される、開始時間になり本間シェフ・パティシェールの挨拶で始まり、続いてアントルメグラッセが5種類披露された、以下はその紹介と配付資料に基づく内容説明。

        170127-2.jpg
・クール・ド・ペタル‘Coeur de pétale’税別3,500円、販売は1月14日~
 仏語表記そのままで「ハートの花びら」、以前は丸型だったが、バレンタイン向けにリニューアルした。説明では「印象的な真紅はタイベリーの赤。タイベリーとアールグレイの組み合わせが、大人の深い味わいを醸し出します。センター部分には甘酸っぱいいちごのコンポート、アールグレイとホワイトチョコレートのアイスが、濃厚なおいしさに爽やかさを届けてくれます。」とある。

        170127-3.jpg
・エリソン・ド・カシス‘Hérisson de Cassis’3,800円、販売は1月22日~
 ‘Hérisson’はフランスで人気がある小動物「はりねずみ」の事で、それを模している。これもリニューアルしたもの。説明は「カシス畑で遊ぶはりねずみのイメージ。ベルギー産のミルクチョコレートとスイートチョコレートの2種類のチョコレートアイスを使用。センターはカシスのコンフィチュールをからめたバニラアイスにカシスのソースを流し込んだもの。子どもも大人も一緒になって喜べる美味しさに仕上がりました。」

        170127-4.jpg
・クール・ド・フルール‘Coeur de Fleur’4,450円、販売は2月15日~
 新発売商品、「苺のお花畑」をイメージして作ったとの事で、見かけの豪華さで圧倒する(笑)。商品説明では「しきつめたクリームチーズのアイスにベリーのソースを流し、その上にバニラアイス、愛媛県産イチゴのシャーベットをのせ、ホワイトチョコとイチゴをあわせたピンクのアイスを絞りました。周りにあしらった半球状のシャーベットはいちご&フランボワーズ味です。」

        170127-5.jpg
・フレジェ‘Fraisier’3,400円、販売は2月15日~
 これも新発売商品、スポンジケーキでお馴染みの「フレジェ」のアントルメグラッセ版、見かけがキュートで凝っている。説明では「いちごのコンポートをからめたバニラアイスの周りを愛媛県産のいちごで囲み、はちみつと卵がたっぷり入ったコクのあるスポンジ生地でサンドしました。」

     170127-6.jpg
 以上の4種が小樽ガラス(たぶん)のプレートに盛られて試食、まさにお菓子の家の饗宴(笑)、どれも特徴的な美味しさだが、個人的な評価と云うか好みを云ってしまうと、エリソン・ド・カシス>クール・ド・ペタル>クール・ド・フルール>フレジェの順番か、前2種はやはり時間をかけて練られた完成度がある、新製品は見かけ美しく見事な出来だが、凍った苺が口中に留まり食べ難い等、少し気になる点があった、この辺りはこれから改良されて行くだろうと思う。

     170127-7.jpg
・アン・ランデブー‘Un Rendez-vous’3,000円、販売は1月14日~3月14日
 試食以外でバレンタイン&ホワイトデー限定の企画商品が紹介された、説明では「グラッシェルではお馴染みの『コクシネル』と『マドモワゼル』の間にハート型の『クール・ド・ルージュ』をはさみ、見つめ合うテントウムシのカップルをイメージしています。」とあり、誰が見てもテーマは「愛‘Amour’」(笑)、これは恋人たちにはピッタリのアイテム。

     170127-8.jpg
紅茶と共に提供されたグラッシェル製の生チョコレートで文旦とレモン味、小品ながら美味でした。

     170127-9.jpg
 最後に紹介されたのがカフェで提供するパフェの新商品、この時点ではまだ名前がなかったが、あとで「パフェ・ヴェルサイユ」(税別1,600円)になったと聞いた。
 京都で栽培される食用バラを使用、ピンクシャンパンのジュレ&ソルベ、バニラアイス、苺コンポート、バラ風味のクレームシャンティを積み合わせたとの事。
 まるで目の前に叶姉妹が座ったみたいな(笑)、見かけゴージャスでリッチなパフェ。

        170127-10.jpg
 試食サイズだが、これでも充分味の華麗さが理解出来た、ピンクシャンパンが効いていると思う、料理でも同じだがアルコール類が加わると味に奥行きが出て立体的になる、何をどの位使うのかは作る側のセンスが問われるが、これは成功していると思った、ただお子様にはちょっと無理で「大人のパフェ」だと思う。この店のカフェスペースで妙齢女性が一人これを食べている光景を想像してしまう、似合う女性に出会ったら「あちらのお客様からです」と、紅茶位差し入れしたくなりそう(笑)。

 せつない位に甘く、この場から離れるのが寂しくなる、夢を感じる試食会でした(笑)、次はお金を払って食べに来たいと思う、本間シェフとスタッフの皆さんに感謝です。


  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

御茶ノ水「ビストロ・ヌー」(2017年1月) 

 2017年のフレンチ訪問第2弾は、私の「第二の故郷」である秋葉原至近の「ビストロ・ヌー」でした。
 十代の頃からオーディオショップ巡りやレコード&CD漁りをしていた懐かしの場所は、此処十年ですっかり様変わりしてしまったが、「夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷」である事に変わりない(笑)。
 その秋葉原の外れ神田明神下に、2011年3月店主の母親が営業していた喫茶店を改装し開業したこの店も間もなく6年を迎える。私の初訪問は2013年1月だが、以降ランチライムが殆どながら、半年に一度位利用している、我家からのアクセスがいいのも大きいが、何より秋葉原へ寄るついでに行けるのが魅力だ。

        170123-1.jpg
 この日も平日のランチタイム、磯貝料理長には事前に行く旨連絡はしていたが、11時半の開店直後だったので、いつもどおり開店一番乗り客になった。
 磯貝料理長とモデルみたいにスタイルがいいサービス担当の彩さんに挨拶、この二人結構人並み以上に食べるそうだが、全く太らないのは、食べた分だけ身重になる我身には羨ましい限りだ(笑)。

        170123-2.jpg
 いつものカウンター席に座り、黒板メニューを眺める、前菜+メイン+コーヒーが標準仕様でプラス料金の料理もあり、デザートも追加注文可能。更に2種類の「おまかせ」メニューがあって、私はいつもの2,700円(税別)の方を選んで、メインは目にして真っ先に惹かれた「エゾ鹿のカイエット」(∔1,000円)でお願いする事にした。
 料理は以下のとおり。

     170123-3.jpg
・ジャガイモと白子のポタージュ

        170123-4.jpg
・近くにある「三井製パン舗」のカンパーニュ

     170123-5.jpg
・大山地鶏のバロティーヌ

        170123-6.jpg
・コルシカ産Francois Labet Pinot Noir2013(グラス880円)

     170123-7.jpg
・サーモンのマリネ、カリフラワーのクレーム、ビーツ

     170123-8.jpg
・北海道産エゾ鹿のカイエット

     170123-9.jpg
・ホワイトチョコレートのムース、キャラメルのグラス、ショコラマカロン
・コーヒー

 白子の風味が感じられる冬のポタージュの後は鶏のバロティーヌ、中のフォアグラの扱いを含めいい仕上がりで提供温度も的確、パテ、テリーヌ、バロティーヌ系料理は一番料理人のセンスが問われる物だ。
 サーモンマリネは次の料理を考慮してか軽めの仕上がり、生のビーツと合わせるのは面白いと思った。
 そしてこの日の主役がカイエット、フランスの郷土料理で元は豚肉を使うが、羊や他の肉類でも作られる一種のハンバーグ、表面を豚の網脂で包むのが特徴、磯貝氏の話では今回、鹿の端肉、豚首肉、牛脂が主な構成との事だ。しっかりした大きさと強めの味付けで、かなり食べ応えのある料理になっている、過去他店で肉団子みたいな小さなカイエットもあったが(笑)、練肉の旨味を感じるにはこの位の大きさは欲しい、ガルニの扱いも良かったし、これは「ヌー」スペシャリテとして残したい料理だ。
 食肉一頭中の一番良い部位を客に提供するのもフランス料理なら、言葉は適当かどうかだが「廃物利用」的料理で、素材の積み重ねにより味の構成を高め、お金の取れる一品にするのもフランス料理の一面、こうした料理がちゃんと作れるなら本物だ。
 デセールもこの店へ来始めた頃に比べて格段に良くなっている、その場で回すパコジェットで作ったキャラメルグラスが特に秀逸だった。

        170123-10.jpg
 この店がフランス料理のあまり似合わない街で続いて来たのは、同業他店に比べリーズナブルだと感じるのもあるが、それ以上に質の高い料理を提供して来たからだと思う、秋葉原は安いだけの飲食店なら他にも沢山ある。同じ場所で続けていると料理がマンネリ化し、常連客以外には魅力を感じない店になる事もありがちだが、1981年生れの料理長の若い感覚により、料理には古臭さや停滞感がない。
 バーテンダー出身と云う珍しい経歴を持つ磯貝氏、「私の料理学校は三省堂」と話す、つまり三省堂本店で買った料理本で料理を学んだと云う意味で、だからと云って料理本を読めば皆が料理人になれるわけではない(笑)、学習努力と実践が実っているのだろう。

 内外装にお金をかけたスタイリッシュな店内、真っ白なテーブルクロスとナプキン、黒服を着た男女の慇懃なサービス、お子様サイズの上品料理を味わうのが良いレストランと思う人にはお勧めしないが、普段着で行けるカジュアルな雰囲気、旨いフランス料理を財布の中身をあまり気にしないで食べたい人には、今上り坂にある料理人が居るので注目していい店だと思う。
 特に秋葉原に買物に行った時にはランチに寄ってみてください、場所的にも穴場です(笑)。 


  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -